カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

続1/87 12mmゲージ 国鉄 EF64 試作レビュー

 みなさんこんにちは。ワールド工芸Mです。話題沸騰の12mmゲージEF64ですが、細部の設計変更、パーツの追加を行って試作品が完成しました。
ワールド工芸 12mm EF64
 前面の保護柵が廃止された四次量産型31号機として仕上げてみました。続く五次、六次量産型とはつらら切りの形状に差異があるほか、デフロスターの有無、前面裾ステップがサイドまで回りこむ形状となっています。前回のプレビュー以後の設計変更点としては、台車ブレーキシューを燐青銅エッチング板による組立式としてシューのみを車輪トレッド面まで引っ込めたのと、2エンド側台車にATS車上子を追加、大きいほうのモニター屋根に水切りを追加した部分となっております。
ワールド工芸 12mm EF64 0.2mm洋白板で構成するスカートのステップは微細そのもの。Hゴム類も別部品として塗装後にはめ込む仕様ですから塗り分け要らずでしかも仕上がりもすっきり。特徴ある形状のスノープロウ、5本のエアホースや電暖ジャンパ栓は真鍮ロストワックス製(一部エッチング板製)、PS17パンタグラフは燐青銅エッチング板による組立式です。
 特徴ある誹風案内板をもつ大モニターもエッチング板により表現。列車無線アンテナが取り付けられる前の国鉄時代の姿を再現できます。
ワールド工芸 12mm EF64
 2モーターによる4軸駆動式の動力。ウェイトもじゅうぶんですので牽引力もあります。このショットですとブレーキシューやテコの位置関係やATS車上子もうかがえます。 ワールド工芸 12mm EF64