カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

プラシリーズ Nゲージ 東芝戦時型 45t 凸型電気機関車

 みなさんこんにちは。ワールド工芸Mです。発売が遅れております「プラシリーズ東芝戦時型」ですが、ついにテストショットが上がってきました。早速組み立てて写真を撮りましたのでレポートです!
ワールド工芸 プラシリーズ Nゲージ 東芝戦時型
 お待ちかね、これが未塗装組立サンプルです。もちろん真鍮エッチングのディティールとは比べるべくもないですが、点検蓋やエアフィルターがずらりと並び、無骨な戦時型電気機関車の雰囲気を醸し出しています。なかなかどうしていい感じじゃないですか。
ワールド工芸 プラシリーズ Nゲージ 東芝戦時型
 キットは上回りがABS樹脂製で、茶色と黒色のモールドとなります。下回りは洋白製の動力フレームで構成され、組立調整済みですから、接着剤のみでちょちょいと完成します。パンタグラフは別途お求めくださいね。
 実車は戦時中から戦後にかけて、東芝が私鉄向けに製作した45t凸型標準機で、東武、京成、南海、西鉄、富山地鉄、名鉄にも同型機が存在しました。国鉄ではED29 11が該当します。ヘッドライトは2種類付属し、取り付け位置もお好みで変えられます。
ワールド工芸 プラシリーズ Nゲージ 東芝戦時型
 組立済みの下回りはこんな感じ。そう、既発売のプラシリーズEB4111や貨車移動機で好評の動力をそっくり2つボギー化したもの。走行も快調ですよ!